2006年07月31日

中指・薬指シフト系カナ配列「弓配列」X-001

ひさしぶりにWindowsを使うことができて、eszett X-00x系の菱ファイルを試してみたんですが、書式が間違っていたらしくエラーが出てしまいました。
これはeszett X-004-rhで修正版を出すことにします。

さて、前回に続き、中指シフト系カナ配列を、実用レベルまで作ってみました。
配列名は弓弦月(ゆみはりづき)や、アルテミス(しばしば月の女神とも言われる弓使いの女神)などから、弓配列としました。
バージョンはX-001(試作版1・Experimental-001)とします。

以下に配列表を示します。

続きを読む
posted by eisuu-kana at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | かな/カナ入力方式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

快適な入力方式とは 〜 中指シフトかな系を自作してみる

eszett X-003-rh星配列月配列 U9RCなどと打ちくらべていたら、打鍵数の多さが気になってきました。 少々打ちにくい場所があっても、たまに悪指運があっても、打鍵数が少ないほうがいいのかもしれない、と。
月や星を試してみるまでは、小指伸あたりはかなり打ちにくい気がしていたのだけど、前後の運指さえよければ案外問題ないんじゃないかと思えてきたんです。

eszett X-003-rhでは、悪指運の低減、ホームポジション率の増加、ルールの単純化などを優先したので、打鍵数がQwertyローマ字入力とほぼ同じになってしまっています。
左右分離型の行段系は、運指的にはかなりいいものが作れるんだけど、打鍵数を減らすのは難しい。
SKY配列的な連母音拡張、Km式的な入音拡張などを導入すればある程度打鍵数が稼げるのだけど、シンプルじゃなくなって嫌だなあ、と思ったり。
それも慣れでどうにかなりそうな気もしますが。
続きを読む
posted by eisuu-kana at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | かな/カナ入力方式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

eszett X-004-rhでの課題

このところ自作のeszett X-003-rhでの入力をしているんですが、シンプルな行段系っていう方向性ではおおむね良好かなと思っています。

それでも気になる点はいくつかあるので挙げてみます。
  1. 「っ」とが少し遠く感じる
  2. 「が行」とが少し遠く感じる
  3. 「ざ行」が少し打ちづらい
続きを読む
posted by eisuu-kana at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | かな/カナ入力方式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

英数/かな両用入力方式 Æ配列 X-001(仮)

eszett X-00x系を使っていて、ふと思いつきました。
これは少し変更すればDvorakJPみたいに、かな/英数両用の配列が作れるんじゃないかなと。

そういうわけで、かな/英数両方に適した配列を試作してみました。
とりあえずÆ配列 X-001(アッシュ配列)と呼ぶことにします。

以下に配列図を示します。

続きを読む
posted by eisuu-kana at 03:23| Comment(47) | TrackBack(0) | かな/カナ入力方式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

行段系カナ配列 eszett X-003-rh(仮称)

eszett X-002-rhを使っていて、少し打ちづらいかなと思うところが出てきたので、修正を加えてX-003-rhとして公開します。

続きを読む
posted by eisuu-kana at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | かな/カナ入力方式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

行段系カナ配列 eszett X-002-rh(仮称)

前回のX-001以後に見た、けいならべの特徴や、かえでさんの外来音シフトキー案などでeszett X-001(仮)に取り入れたい部分が出てきたので、X-002-rhとして公開してみます。
一応まだ X(eXperimental=実験的)版で、正式名称も未定です。

左小左薬左中左人左伸 右伸右人右中右薬右小
PMR RhD DhG Gw  YA A E YE
NS SwT ThK QH F YU I U O YO
Y WZ ZhB V  YE       
※2006-07-23 YEの位置がまちがっていたのを修正

続きを読む
posted by eisuu-kana at 18:26| Comment(2) | TrackBack(0) | かな/カナ入力方式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

飛鳥を使ってみたいが ―Macで使える入力方式―

私の今の環境は、95%がMac OS Xで、あとの5%がWindowsを使うという感じなのですが、
Qwertyローマ字やJISカナ以外を使いたいと思っても、Macでは使えるものは限られてくるようです。
(私が利用法を見つけられていないだけな可能性もあります)

まず、ことえりではローマ字定義の変更機能がないので、他のIMEなどを利用する必要があります。
ATOKは使ったことがないのですが、ローマ字定義についてはおそらくWin版と同じでしょうね。
「制限が厳しい」という評価がよく見られるのであまり期待できないかと思います。(未確認です)

私はEGBRIDGEのローマ字定義を使っています。
EGBRIDGEの制限としては、
続きを読む..
posted by eisuu-kana at 16:55| Comment(21) | TrackBack(0) | かな/カナ入力方式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

行段系カナ配列 eszett X-001(仮)

最近私は、Qwertyローマ字から他の配列に乗り換えようと、配列を自作しているのですが、乗り換え候補の一つに和ならべ系の配列があります。

下駄配列作者のkouyさんのブログにて、和ならべ系配列のけいならべが公開されていたので、ちょうどいい機会だと思ったので公開してみます。

まだ名前も決まってなく変更を加えるかもしれないのですが、とりあえず仮にeszett配列 X-001としておきます。

私は個人的に、「多シフトローマ字連想型」と呼んでいますが、配列界隈では「行段系」と呼ばれているタイプの配列です。
以下に配列図と説明を示します。


左小左薬左中左人左伸右伸右人右中右薬右小
PMRH FG Gw YU U E YE
NT ThS SwK QD DhYA I A O YO
Y XW VZ TsB Ò À Ì È Ù
続きを読む
posted by eisuu-kana at 17:15| Comment(0) | TrackBack(1) | かな/カナ入力方式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

連続する大文字を打ちやすく(SandS)

“Windows”と入力したい場合どうするか。
大抵の場合、最初の『W』のみをShift付きで打つだろう。

じゃあ“UNIX”だとどうか。
すべてShiftを押したまま入力する人と、Caps Lockを使うひとに分かれるだろう。
Shiftを使う方法だと、小指を横に取られてしまうため、小文字のときよりも打ちづらくなることは避けられない。
Caps Lockを使う方法だと、モードの切り替えが面倒だ。

続きを読む
posted by eisuu-kana at 01:05| Comment(17) | TrackBack(1) | 英数/記号キー配列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

いろいろなキー配列 (英数/記号用)

多くの人はQwerty+Qwertyローマ字を使っていると思うんだけど、
これは、遅く,疲れやすい配列だと言われている。
機械的な制約が多かった19世紀に考案されたものだから無理もない。

その後上のような問題を改善すべくいくつもの配列が考案されたが、普及には至っていない。
以下にQwertyの代わりとなるキー配列を挙げてみる。
続きを読む
posted by eisuu-kana at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 英数/記号キー配列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。