2006年08月24日

拗音の1拍1打鍵・ローマ字と英語の混乱

Rayさんの記事「飛鳥も1・2ストローク混在だったという発見」にコメントを書いていたら、長くなってしまったので記事にすることにしました。

拗音の1拍1打鍵


最終的に没になっていますが、拗音に1打を割り当てることについて書かれています。
拗音・外来音は2文字で1拍です。
そのため、1打化すれば1拍1打鍵を実現できるというメリットがあります。
しかし、1打化することで覚えるキーが増え、打ちやすさも確保しづらくなるので、飛鳥の“倍速打鍵の適用”は理に適っているように思います。
それはいいのですが、一部気になった部分について書きます。

「次に打つ言葉の二番目は拗音が含まれるから、そこは小指シフトにしないと」という事前思考の
脳内コストを考えると、やはりこの案は没でしょう。

通常の“拗音分離型”カナ系ではで「社会」は「し/ゃ/か/い」と捉えることになると思いますが、
拗音を1打化した場合には「しゃ/か/い」と捉えることができます。
そのため、「二番目に拗音が含まれる」という思考にはならず、むしろ“思考音声”に近い打鍵ができるのではないかと思います。

また、「単独の小文字が13個減らせる」とありますが、13個の単独の小文字――つまり[ぁぃぅぇぉゃゅょ]――を削ってしまうと文中にもある「きぃてかぁてはぁて」のような文字のときに困ります。
使う人は一部だけだとは思いますが、「まぁね」とか「やったぁ!」なんて書きたい時や、外来音表記にこだわって「プェ」「ホィ」なんて書くときにも困ることになるでしょう。




ローマ字と英語の混乱


もうひとつ、「ローマ字打ちは外来語の英語と混乱するからまずい」ということについて。

この意見はよく見かけるように思います。
混乱が起きる人は多そうですので、ローマ字打ちにそういった問題があるという点には異論はないのですが、これは割と個人差があるのではないかと予想しています。

というのも、私は英語を習いはじめる中学の頃にQwertyローマ字入力を始めましたが、混乱は全く起きなかったんです。
なぜ混乱しなかったのかは自分でもよくわかりませんが、「Shift」と「シフト」をはっきりと“別物”として認識してきたということかもしれません(?)
posted by eisuu-kana at 10:41| Comment(6) | TrackBack(1) | かな/カナ入力方式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。