2006年09月07日

悪指運“率” vs 悪指運“数”

ある配列の運指を任意の文章で評価したとする。
以下のような結果が出たらどっちがいいと判断するべきなんだろうか..。

 配列A配列B
総打鍵数9001000
悪指運率10.5%10.0%
悪指運数95100

配列Aのほうが悪指運率が高いが、悪指運数そのものはむしろ少ないです。
この場合総打鍵数自体、配列Aのほうが高いので配列Aのほうが良いというのが妥当な気がするけど、悪指運率より悪指運数を重要視していいものだろうか。
(悪指運率が高いほうが打鍵感覚は悪くなる気もします)

続きを読む..
posted by eisuu-kana at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | かな/カナ入力方式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。