2006年07月22日

行段系カナ配列 eszett X-002-rh(仮称)

前回のX-001以後に見た、けいならべの特徴や、かえでさんの外来音シフトキー案などでeszett X-001(仮)に取り入れたい部分が出てきたので、X-002-rhとして公開してみます。
一応まだ X(eXperimental=実験的)版で、正式名称も未定です。

左小左薬左中左人左伸 右伸右人右中右薬右小
PMR RhD DhG Gw  YA A E YE
NS SwT ThK QH F YU I U O YO
Y WZ ZhB V  YE       
※2006-07-23 YEの位置がまちがっていたのを修正


 N+AN+IN+UN+EN+O N+YU  
Qクァクィ-クェクォ-K
Swスァスィ----S
Th-ティトゥ--テュT
Fファフィ-フェフォフュH
VヴァヴィヴェヴォヴュB
Zh-ズィ----Z
Dh-ディドゥ--デュD
Gwグァ-----G
Rhルァ-----R


 AIUEOYAYUYO
T+Sツァツィ-ツェツォ---
S+K


入力方法

左手(子音)→右手(母音 または 拗音)での入力を基本とします。
[あいうえおんーっ、。?!]は右手1打鍵で入力します。
外来音は子音+N+母音の3打鍵で入力します。


X-001との違い

X-001から多くのキーが入れ替わっています。
外来音は子音+外来母音キーから、子音+N+母音に変わりました。
外来音の入力規則自体もいくつか変更しています。

以下にそれぞれの配置の意図を示します。


T−S、D-Hの入れ替えと、子音配置について。

かな出現頻度調査(Wisteria)SKYの設計指針覚えやすさと合理性(M式)によると、T より S のほうが出現頻度が低くなっているので、薬指を S に 中指の T に差し替えました。
主目的ではありませんが、S が薬指なのは、Qwertyローマ字からの乗り換えしやすさも向上しているかと思います。

上記の資料から、頻出度を K=T>S>N>R>M>D≧H>G>Y=Z=W=B>P と仮定して、押しやすいと思われる順に配置しました。
頻出度がほぼ変わらないと思われる文字は、「より」「まず」「れば」などの頻出語句を打つ時に、1打目から3打目の運指が、なるべく打ちづらくならないように配慮しました。
D-Hも同じ理由(「ほぼ」などを打ちやすく)で入れ替えました。


A-U、YA-YUの入れ替えと、母音配置について。

母音キーについては、全2重母音頻度表を参考に、頻出する連母音の上位となる OU、AI、EI、OI、UIがいずれも打ちやすく、上下に配置したキーが連母音を形成する率が低くなる配置にしました。

けいならべでは、最頻出連母音であるOU、AI、EIがすべて同段アルペジオになっていますが、
eszett X-002では悪指運・微悪指運を極力減らすためにこういう配置にしました。
A-Uを入れ替えたのは、OUだけでも同段アルペジオにしようという意図です。
YA-YUはこの入れ替えに合わせて、YU+Uを打ちやすくするために入れ替えました。


[んっー]の配置について。

[んっー]の配置については、以下の点に配慮しました。
数字は優先順位です。

  1. [ん]は母音キーと異なる指で、良指運を形成する
  2. [ー]と[ん]は異なる指で、良指運を形成する
  3. [っ]は母音キーと異なる指で、良指運を形成する
  4. [ー]は母音キーと異なる指で、良指運を形成する

X-001では「ちょっと」など YO+っ の組み合わせで小指の同指異鍵が発生していたので、そのあたりを改善しました。
逆に「きっと」「あーっ」などが同指異鍵になりましたが、人差し指なので許容範囲としました。


[、。?!]の配置について。

[、。?!]については、X-001と変わっていますが、あまりいい形での配置をできていません。
これよりいい配置が見つかったらX-003で改訂します。
また、〜は菱で使えないので外すことにしました。
※追記 菱で「〜」が使えないというのは勘違いだったようです。(X-002-rhでは「〜」はないままにしておきます)


設定ファイル

とりあえずEGBRIDGE用と、菱用のファイルを作ってみたので配布します。
ただ、菱用ファイルは自宅にWindows環境がないのできちんと動作するかまだ確認できていません。

EGBRIDGE用 (eszett_X-002-rh.egbrset)
菱用 (sz_x002rh.hh)

※2006-07-23 菱用ファイルで一部抜け落ちがあったので修正しました。
※2006-07-31 菱用ファイルは書式の間違いによりエラーが出ることが判明しました。このバージョンはとりあえずこのままにしておきますが、新版では修正する予定です。
posted by eisuu-kana at 18:26| Comment(2) | TrackBack(0) | かな/カナ入力方式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『菱』でも「〜」使えましたよ。半角の~と設定すれば実際に打鍵するときは「〜」と入力されます。(IMEの設定によるかも)
けいならべけ設定ファイル(↓)でも使ってます。([14]のr)
http://urawa.cool.ne.jp/kou-y/keinarabe.hh
Posted by kouy at 2006年07月23日 21:37
おお!なるほど。
菱同梱の説明に、全角の「〜」がなかったのでてっきり使えないものと思い込んでいました^^;
情報ありがとうございます。
Posted by eisuu-kana at 2006年07月23日 23:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。