2006年07月31日

中指・薬指シフト系カナ配列「弓配列」X-001

ひさしぶりにWindowsを使うことができて、eszett X-00x系の菱ファイルを試してみたんですが、書式が間違っていたらしくエラーが出てしまいました。
これはeszett X-004-rhで修正版を出すことにします。

さて、前回に続き、中指シフト系カナ配列を、実用レベルまで作ってみました。
配列名は弓弦月(ゆみはりづき)や、アルテミス(しばしば月の女神とも言われる弓使いの女神)などから、弓配列としました。
バージョンはX-001(試作版1・Experimental-001)とします。

以下に配列表を示します。


【アンシフト(通常)】
なかのとて  つういしきこ
で☆★にた  くん★☆はー
ょゅますゃ  っる、。ふ

【★逆手シフト】
○めばほぺ  づぞごえね〜
どそやらざ  ぴわちりれぐ
げ○ぽゆ○  ヴぬ「」・

【☆逆手シフト】
!せけよべ  &びじろぶ@
さもをおへ  ぎだみあが:
ぷぼぱぜ○  ず;()?

【★同手シフト】
○○○○○  ○○○○○○
ぇ○○ぉ○  ○む○○ひ○
○○○○○  ○○○○○

【☆同手シフト】
○○○○○  ○○○○○○
ぃ○○ぁ○  ○ぅ○○ぢ○
○○○○○  ○○○○○



入力方法

アンシフトにある文字は1打で入力し、シフト面にある文字は、シフトに当たる星マークのキーを押したあとに入力します。(前置シフト)
逆手シフトでは、右手にある文字は左のシフト、左手にある文字は右のシフトを使用します。
同手シフトでは、右手にある文字は右のシフト、左手にある文字は左のシフトを使用します。


この配列の特徴

月配列 Ux版星配列と同じ、中指前置シフト、薬指前置シフトを採用しています。
清音と濁音・半濁音は独立して配置しています。
また、ホーム段アルペジオ打鍵が可能な組み合わせのみ、同手シフトを割り当てています。
このため、わかりやすさには少々難があります。

拗音、外来音、濁音、半濁音などの打鍵数増加を防ぎつつ、打鍵数を月配列 2-263版と同じくらいにとどめました。
その分、打ちにくいとされる小指上段などに、高頻度カナが割り当てられていますが、運指上はそれほど問題ないと思います。



設計方針など

拗音・外来音は、感覚的には2文字で1音(1モーラ)です。
それにも関わらず、頻度が高くないために、カナ系配列では打鍵数が多い配置にされてることが多いです。
これは頻出語句を打ちやすくするためには当然なんですが、他の配列ではあまりにまどろっこしく感じたので、高頻度カナの入力しやすさを保ちつつ、拗音・外来音も入力しやすくできないものかと考えました。
その辺りに配慮して、弓配列では、長音と小書き文字は1打か、ホーム段アルペジオで入力できるようにしました。


その他雑感

自作したことでの割と大きいメリットと思ったのが、自分で配置している分どこにどのカナがあるかかなり分かる部分があるっていうこと。
(その分作るのに労力を使ってるわけではあるんだけどね)

少し試用してみたところでは、他の中指プリフィクスシフト系の配列と比べても運指が悪いという感じもなく、実用に使えそうでした。
ただ、使い込んでみないとわからない部分もあるでしょうね..。



設定ファイル・配列表画像

EGBRIDGE用と、用のファイルを配布します。
※今回は諸事情でEGBRIDGE用のほうが動作未確認です。
※EGBRIDGE用ファイルが動作しなかったため修正版をアップしました。(2006-08-02)

EGBRIDGE用 (yumi_001.egbrset)
菱用 (yumi_001.hh)

配列表画像 (yumi_001.png)



参考資料

この配列の設計にあたって、各カナの頻出度、文字の連接などは主に以下のページを参考にしました。
posted by eisuu-kana at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | かな/カナ入力方式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。