2006年08月20日

弓配列のつぎへ

弓配列 X-001にいくつか不満な点が出てきたので、弓配列でわかったことを踏まえて、もう一度配置しなおしてみたいと思っています。
それで色々配置テストをしてみているのですが、なかなかいい配置ができてこないので、いったん配置方針を自分で再確認してみようと思います。


全体的な配置方針

なるべく、1拍(1モーラ)の打鍵速度や打ちやすさを平均化、そして発音に近い打鍵ができるのを一つの目標とします。

打鍵数を少なくするのは重要ということがわかっているので、打鍵数はなるべく低減するようにしたいと思います。
プリフィクスシフト方式では、シフト側文字は単純に打鍵数が2倍になることもあるので、なるべく高頻度文字を1打にしたいと思います。
月配列2-263の打鍵数を目安とします。

運指は特に重要視します。特に、悪指運はなるべく少なくしたいところです。

弓配列 X-001は少し各指使用比率が平坦すぎる印象があるので、人差し指を中心としたゆるやかなピラミッド型を目指そうと思います。

また、古文調や歴史的かなづかいも多少は考慮したいと思います。


配置する文字

弓配列 X-001と同じく、基本はクロスシフトで一部のみストレートシフト・清濁分置・小指張り出しを含めた32キーを使用、とします。
場合によっては<->も入れて33キーにするかもしれません。

配置する文字は、[ヴゐゑゎ]を含めた清音濁音、[、。?!@;:゛゜「」]の記号とします。
わゐゑをの濁音、ヵヶ、アイヌ語に使う小書き文字はとりあえず配置しません。

<Q><Y><B><@><;></>には1打に配置するカナのうちなるべく頻度が低いカナを置きます。
これらの遠いキーは打ちづらいキーではありますが、前後の連接が異手であれば、だいたい問題ないように思うので、なるべく前後の連接が異手になるようにします。


以下に優先したい文字などを挙げていきます。


撥音、促音、長音

撥音(ん)、促音(っ)は、短く感じられる音なので、1打に置きたいと思います。
長音(ー)は頻度が、[ぁぃぅぇぉ]といっしょに外来音を構成するので、その点でも1打に置きたい文字となります。
[んー]はかなり多くのカナと連接するので、配置には特に気をつける必要があるように思います。



拗音

拗音は、1拍(1モーラ)なのでなるべく2打に、少なくとも3打以内にしたいと思います。
そのためには[ゃゅょ]を1打に置くのが妥当と思われます。

[しきちにひみりじぎぢびぴ]もできれば1打に置きたいところです。
そのうち、[しきに]は頻度が特に高いので、1打は確定でいいと思います。

[ちりじ]もそこそこの頻度を示すので、できれば1打に置きたいところです。
特に、[ち]は韻尾にもなります。



外来音

外来音も、1拍(1モーラ)なのでなるべく少ない打数で打ちたいところですが、頻度が低いので2打化はあきらめ、なるべく3打、それでもだめなら4打ということにしたいと思います。

[ぁぃぅぇぉ]を1打にすると、打鍵数に影響しすぎるので、2打化は避けられません。
それでも、打ちやすくするため全てホーム段アルペジオに置きたいと思います。
これらは[ぅ]を除き[んっー]と連接しやすいので、[んっー]と逆手に配置したいと思います。

外来音を構成するものとして、全体の文字頻度が高い[いうくてで]は1打に置きます。
外来音としてそれなりの頻度の[すつふどちじヴ]もなるべく1打にに置きたいところです。
[ヴ]は文字頻度は低すぎるので、2打に置くのが無難と思えます。

[ぬむるぐぶぷ]はほとんど出現しないので考えないことにします。



母音

[あいうえお]は少し短めに感じられる音なので、できれば1打に置きたいところです。
[いう]は極めて高頻度なので、1打に置きます。
[あお]は頻度的に充分高いので、1打に置いてもいいと思いますが、拗音・外来音を考えると2打に置かざるを得ないかもしれません。



記号

句読点は意外に頻度が高いので、1打に置きたい感じもありますが、文章が途切れるところなので、それほど早く打つ必要がないとも言えます。
ただ、Qwertyローマ字をはじめ多くの配列の標準位置に配置することで、跳躍を防ぐ効果が期待できます。

中黒は連続して打つ場合があるので、1打に置きたいところですが、頻度的に2打が妥当でしょう。
[?!「」]なども、同様に2打が妥当と思われます。



以上のようなことを踏まえて配置していこうと思います。
ただ、各配置方針自体が両立しづらい関係にある上、少なくとも私が使う配列としては、弓配列 X-001以上のものを作らないといけないので、なかなか難しそうではあります。
うまくいくといいのですが...。
posted by eisuu-kana at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | かな/カナ入力方式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22578394
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。