2006年08月21日

プリフィクス型カナ系と行段系

ローマ字なんて、シフトキーが21個ある多段シフトカナ配列です。
文字キーが5個しかないので、とんでもなく効率が悪いですが。

ketttさんの日記より。


行段系って逆の見方をすれば、複雑なシフト構造をローマ字連想によってなんとかしている、とも言えそうですね。
左右分離型ではカナ系にはないメリットとして、悪指運・微悪指運を徹底的に排除できるということがあります。

私はこれにかなり魅力を感じて、行段系のMyst配列(旧eszett)を作りました。
プリフィクスシフトを試してみて、打鍵数の重要性と、連想を使わないメリット、それからカナ系でも運指をかなり改善できるということに気づいて、カナ系に移行しました。

プリフィクス型カナ系で今一番違和感を感じているのが、各カナの打鍵数のばらつきです。
<か>が1打で、<あ>が2打というのは、発声との一致や打鍵リズムという面から見るとかなりまずい感じがします。
その点行段系は打鍵数が多い代償として、ある程度の発声との一致を実現しているように思います。

そんな感じで、ローマ字(行段系)でも左右分離型ではプリフィクス型カナ系と比べると案外色々メリットがあるような気がします。
やはり打鍵数が多いのは致命的ですが..。

そういう意味では低打鍵数と、打鍵リズム/発声との一致を両立できる同時シフト系に利があるのかなあ、という気がします。

と、こんなことを書いている間に飛鳥エミュを作れるスキルを見につけるべきかもしれませんが...。
そんなことは一朝一夕にはできませんねorz

あっ、連続シフトしない小梅配列なら、Teslaでも行けるかもしれませんね。
Tesla自体がLeopardに向けての不安材料になりますが..)
posted by eisuu-kana at 16:32| Comment(2) | TrackBack(0) | かな/カナ入力方式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こんにちは。
 私も似たような経緯をたどって、ほぼ同じ感想に至っているようです。
 低打鍵数・打鍵と発声のリズム一致は、満足なカナ配列を得たいならぜひ押さえたいポイントです。
 同時シフト系でも、シフト操作が邪魔になってしまうとプリフィクス型と同じ事になってしまうので、配列に注意が必要でしょう。
Posted by kettt at 2006年08月23日 19:40
>低打鍵数・打鍵と発声のリズム一致は、満足なカナ配列を得たいならぜひ押さえたいポイント
やはりそうですか。プリフィクス型では原理的に両立できないのが辛いところですね。

>同時シフト系でも、シフト操作が邪魔になってしまうとプリフィクス型と同じ事になってしまうので、配列に注意が必要
飛鳥の「よこはま」問題のような場合ですね。
飛鳥はその辺りの問題にもかなり考慮されているようなので、そういう意味でも魅力を感じています。
Posted by eisuu-kana at 2006年08月24日 09:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22624959
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。