2006年08月31日

弓配列の指運評価

弓配列 X-001mikadoさんの指運解析CGIスクリプトで打鍵数・指運の評価をしてみたところ、月配列2-263とおおむね同水準だとわかりました。
サンプルによっても違うけど、月より少し良かったり少し悪かったりと、全体としては優位な差が出ない感じです。

体感的には、外来語で<:>に配置している長音にひっぱられている感があり、それが気になります。
飛鳥のように良位置にひっぱりだしたほうがいいのかもしれません。

月にしろ弓にしろ、悪指運率がだいたい3%くらいになるみたいなんですが、この3%っていうのは案外少なくはない気がします。
3%というと、1/33ですからね..。
左右分離型行段系では悪指運率が極めて低くなることを考えると、やっぱり行段系はそこが大きな利点なんだなぁと思ったり..。



弓を使っていると、[Q@:]が特に打ちづらい印象を受けます。
ただ、悪位置であることよりもQwertyローマ字で使ってこなかった位置という理由のほうが大きいのかな、と思うとここが欠点なのかは判断しかねます。

良位置・良指運を徹底するなら、[QBY@:/]を外して、6シフトなんかも案外ありなんじゃないかと思いました。
打鍵数的には厳しくなりますが、ボトルネックが少なくなるメリットは案外大きいんじゃないかなあ、と。
posted by eisuu-kana at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | かな/カナ入力方式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。