2006年09月09日

「バ」と「ヴァ」の微妙な関係

最近弓配列 X-001を使っていて不満な点の一つに、「ヴァ行が打ちづらい」というものがあります。


ヴァ行は出現率が低い

[ヴ] の出現頻度というのはかなり低いので、カナ系配列ではヴァ行を打ちやすくしているものはあまり見かけません。
それに対して、Qwertyローマ字入力は「ヴュ」を除いて2打で打てます。
ローマ字入力ではヴァ行はかなり優遇されているといえます。
したがって、ローマ字入力出身の私が打ちづらく感じるのはある意味当然ですが、それだけではない気がしました。



「バ」と「ヴァ」の微妙な関係

通常ヴァ行はバ行と交換可能です。 「ヴァージョン」を「バージョン」と書いて問題ないですし、むしろその方が多かったりします。
それにも関わらず、バ行は2打、ヴァ行は4打というのでは、ヴァ行をひどくまどろっこしく感じるのも無理はないと思います。

この点の解決法としては、[ァィェォ] を1打化する、[ヴ] を1打化する、というものが考えられます。
打鍵数を考えれば、[ヴ] を1打化して小指伸などの悪位置に置くのが妥当でしょう。
(これでも、打鍵数はかなり妥協しなければなりません)



[じ] と [ぢ]、[づ] と [ず]

そうしてみると、[じ] と [ぢ]、[づ] と [ず]にも同じような問題があると思います。
これらは発音上等価であることと、「ずつ」と「づつ」など、交換可能な場合があることなどから、打鍵コストを近づけたほうが良さそうな気がします。

[づ] と [ず]はどちらも低頻度同士なので、あまり問題にならないと思いますが、[じ] と [ぢ] は頻度上大きな開きがあるので、[ぢ] を打つのは少しまどろっこしく感じられると思います。
ただ、どちらも2打ではあるので、慣れでの対応で間に合う程度かもしれません。



クァ行の打ちやすさ

逆に打数が多くても問題なさそうなのが、クァ行です。
外来音は1拍なので、なるべく3打以内にはとどめたい、できれば2打にしたいというところです。

しかし、クァ行は特殊で、「クォリティ」を「クオリティ」と表記するなど、ク+ア行と交換可能な場合が多いです。
特に脳内発音がク+ア行になっている人は、打数が多くてもまどろっこしくはならないでしょう。
(シークェンス≒シーケンスなどの例外が少し問題になるかもしれません。)


実際の配置では、[ヴ] をアンシフトに配置して、[ぢ]を少し良い位置に配置するといったところになりそうです。
posted by eisuu-kana at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | かな/カナ入力方式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23512850
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。