2007年02月04日

前置シフト系カナ配列「弓配列」X-102

前回の弓配列 X-101ではほとんどの外来音を3打化しましたが、それでもまだ打ちにくい外来音が残っていたので、その点を改善したバージョンを公開します。
バージョンはX-102(Experimental-102)とします。


以下に配列表を示します。
(色付きの文字はX-101からの変更点です)



【アンシフト(単打)】 ふ
どのかとあ  つういしーじ・
☆★てた  きん◆◇ち〜
ょゅまゃ  くっ、。ヴ

【◆前置シフト】    ○○
めえごげ  ○‘↑’○○○
をがもらば  ←む○ぢぴ→○
ぜぼゆねゐ  【】↓○○

【◇前置シフト】    ○○
へ&  ○ヵヶ〃○○○
せだけぶ  ○ぅ○ぬ○○
べ@/ゑ  《》○○○

【★前置シフト】    ―≒
≠○○†‡  ○ぎれ?「…
ぇぞ○ぉ○  ひこはよ」¥
♪○○○○  ぷ“”:

【☆前置シフト】    −=
○○ゎ○○  ぐお!『※
ぃ○ぽぁ○  ずるそさ』\
○○○○○  ぺ,.;




入力方法

アンシフトにある文字は1打で入力し、シフト面にある文字は、シフトに当たる [★☆◆◇] のキーを押したあとに入力します。(前置シフト)
「か」は e 単打、「え」は ke の2打というふうになります。




X-101から変わった点など

今回の一番の変更点は ディ,ティ の打ちやすさ改善です。
このために「な」をシフト面に移し、「あ」をアンシフトに出しました。

もうひとつの重要な変更は3打拗音の打ちやすさ改善です。
3打に割り当てられている拗音は、高速で打てるように、すべて違う指で打てるようにしました。
他の文字の配置換えは、これらの文字の変更にあわせたものとなっています。

打鍵数はさらに少し増えました。
(おおざっぱな計算をしたところによると叢雲配列と同程度のようです) 総合的な運指はあまり変わりはありません。




設定ファイル

egbridge用と、用のファイルを配布します。

egbridge/Qwerty JIS用 (yumi_102jis.egbrset)
egbridge/Qwerty US用 (yumi_102us.egbrset)
egbridge/Dvorak用 (yumi_102dvorak.egbrset)
egbridge/Colemak用 (yumi_102colemak.egbrset)
egbridge/Dusk用 (yumi_102dusk.egbrset)
菱用 (yumi_102.hh)

※菱版では一部の記号などには対応していません
posted by eisuu-kana at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | かな/カナ入力方式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。