2007年02月15日

編集操作用のキーバインド(Windows+XKeymacs)

「分裂勘違い君劇場 - 思考の速度でパソコンを使う技術」 への言及記事 「雑記/えもじならべあそび - 低頻度な文字編集操作よりも「高頻度な文字入力操作」に【改善の手を加える】ほうが、より「無駄な動きの排除」という目的を達成できる……はず。」 のコメント欄に書いていたら長くなったので、覚え書きも兼ねてエントリ化することにします。


まず、当該記事に書いたコメントを引用しておきます。

「思考の速度でパソコンを使う技術」の方式は別モードになるので敷居が高いですね。
私はエディタのEmacsのようなCtrlキーを使った編集操作を一部に導入しているんですが、これは結構いいですよ。
特にカーソルキーは遠い位置にあるので、これに独自キーバインドを割り当てると快適です。
(具体的にはCtrl+[JKL;]にカーソル移動を割り当てています)
文字入力方法の変更はもちろん重要だと思いますが、より快適にするには編集操作のカスタマイズと併用するのがおすすめです。(後略)


私は普段はMacを使っていますが、Windowsを使うときはXKeymacsというキーカスタマイズソフトを使っています。
これではMac操作に近い形にしているのですが、Macを使わない人でもかなり使えるのではないかと思います。
(ただしCtrlよりもAlt,Win,CapsLockを多用するという人にはおすすめできません。)

まずは、位置を入れ替えたキーのリストを示します。




元のキー位置割り当てるキー機能
英数/CapsLock(Aの左)編集操作(Right Ctrl)
AltLeft Ctrl
WinAlt
LCtrl(最下段)Win
変換全角/半角
全角/半角ESC
ESC英数/CapsLock




Ctrlを親指位置に持ってきているのですが、これでコピー/カット/ペーストなどの編集操作がやりやすくなります。 (MacのCommandキーと同じ位置)

以下にXKeymacsで定義して使っている主なキーバインドのリストを示します。


機能キーバインド
左に移動RCtrl + J
下に移動RCtrl + K
上に移動RCtrl + L
右に移動RCtrl + ;
1単語左に移動RCtrl + ,
1単語右に移動RCtrl + .
行頭に移動RCtrl + A
行末に移動RCtrl + E
1画面下へRCtrl + V
1画面上へRCtrl + B
カーソルの左を1文字削除(Backspace)RCtrl + H
カーソルの右を1文字削除(Forward Delete)RCtrl + D
カーソル位置から行末まで切り取りRCtrl + N
改行RCtrl + M
カーソル位置を変えずに改行RCtrl + O
最小化RCtrl + Z
タイトルバーだけにする/戻すRCtrl + Shift + H
(※RCtrlはRight Ctrl)


Emacsとviのミックスといった感じでしょうか。
Emacsのカーソル操作は Ctrl+[FBNP] とあまり良い位置でないので、
すべてホームポジションで打てる LCtrl+[JKL;] としました。

また、「思考の速度でパソコンを使う技術」に比べると、モード変更がないので導入しやすいと思います。
特に日本語の場合、日本語入力と英数記号入力という2つのモードが既にあるので、3つ目のモードの導入はできるだけ避けたいところです。
(CapsLockを使う人は特にそうなると思います。)

上記のリスト分だけでも定義しておけば、編集作業はかなり楽になると思います。

※追記 ミスがあったので修正しました。
2つ目の表 LCtrl/Left Ctrl は間違いで、正しくは RCtrl/Right Ctrl(Aの左) です。
posted by eisuu-kana at 11:32| Comment(6) | TrackBack(0) | ショートカットキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2つ目のリストでLCtrl/Left CtrlとなっているのはRCtrl/Right Ctrl(Aの左のキー)の間違いでした。
今は携帯からで、修正できないので後で直します。
Posted by eisuu-kana at 2007年02月15日 13:51
  上記のような「モード非依存のキーバインド」ですと、(私が覚えられるかどうかという話は別として^^;)ホッとします。
 「何かを押しながら何かを押す」「何かと一緒に何かを押す」「何かを押してから何かを押す(押した時点で元のモードに戻る)」は数が多くても何とかなりそうな気がするのですが、なぜか私にとって「何かを押してから何かを押す(押した後もモードはそのまま)」というスタイルは落ち着かないというか、混乱しがちというか……。
 もしかすると、「モード切替」という手順をとる場合は(たとえば「英数・かな」切り替えのように)モードを行き来する回数が割と少ない(=特定のモードで延々と連続的に使用する)場合に向いているのかも……と、そんな予想をしてみたり。

 こういう定義を拝見すると「(手元にあるとやっぱり楽なので)また導入してみたくなる」のですが、私の場合は「(姫踊子草制御配列に)依存しきってミスが増えた」という過去事例があるだけに……どうにも迷ってしまいます^^;。これもキー配列と同じく「向き・不向き」があるのかも?
Posted by かえで(yfi) at 2007年02月16日 23:59
キーバインド、メモしました。
LCtrlは既に使っておらず、あいているので丁度よかった。真似させていただきます。


...漢直だとかEmacsだとかのように、対象文字や機能の種類が多い場合は、キーの組み合わせ種類を確保する必要があるため、どうしてもモードを持つことになってしまいますね。

「メタ状態」とも表現できます。ベイトソンを持ち出すまでもなく、メタ状態が重複すると、もちろんややこしいです。C-xひとつで精一杯です。

IMEのモード切り替えは、連続的に使用しますから必要ですね。しかし、それでも難しい部分もありますね。「現在の状態は、カナ漢字変換が起動していて、英数で、全角で、大文字にロックされています。さて、この状態から、ローマ字入力により半角カタカナを入力するためには、最低何回どのキーを操作すればいいでしょう?」
なんて、もはやちょっとしたパズルですよね。自分は諦めています。簡単な覚え方があったら教えてほしいです。
Posted by kettt at 2007年02月17日 03:05
>かえでさん

私もモードというのは苦手で、かなと英数すら1モードで入力したいと思ったりします。
(さすがに現実的でないのでやっていませんが。)

編集操作の場合は、“連続的にも使用するけどすぐ戻す場合も多々ある”というのが問題ですね。

Aの左を使うのは合う合わないがありそうですが、
カーソルなんかは低頻度なカナよりも使用頻度は高い気がするので、何か自分に合う定義をするほうが快適なんじゃないか、と思っています。
元々のカーソルはそのまま使えるのでゆっくりと乗り換えられますし。



>ketttさん

EmacsのC-x辺りはviのモードや「思考の速度でパソコンを使う技術」に比べるとかなりマシなのではないかと思っています。
というのも、C-xの場合は“[C-x k] で [閉じる]”といったふうに“すぐにモードが解除される”という特徴があるからです。
これはローマ字入力や前置シフトにも似ています。
もちろん覚えにくさは避けられませんが、覚えることさえできれば悪くないのではないかと思います。
とはいえ、メタ状態の重複がある場合はやはりややこしいですね…。

Winで全角英数モードになると戻すのが面倒なんですよね。
したつもりはないのに(おそらく操作ミスで)全角英数モードになっていることが多々あります。
直接入力とひらがなモードに限定できるといいんですけどね。
(全角/半角カナは無変換などで対応するとして。)
Posted by eisuu-kana at 2007年02月17日 16:39
>C-x辺りはviのモードや「思考の速度でパソコンを使う技術」に比べるとかなりマシなのではないか

うーん、すぐに解除されるC-xの方が悩みは少なそうではありますが、どっちがマシかは私には分かりません。
たとえば極論を言えば、「マルチタスクウィンドウシステム」だって、多モードの切り替えと考えられるわけです。しかし、Windowsで頭がこんがらがったりしませんよね。要は使いようかと思います。

「思考の速度でパソコンを使う技術」に欠かせないのが、「通常モードに戻るスイッチ」ですね。これがあれば、それなりになんとかなるんじゃないかと思っています。
これの逆をやってしまったのが「Windowsキー」です。別のショートカットキーと間違えてWindowsキーを押し下げてしまうと、強制的にスタートメニューに飛ばされる(途中解除や戻しができない!)ので、不便この上ないです。どうやら「誤打鍵しない」というのが唯一の解決法のようです。

「IMEでモードの迷宮に迷い込むと、ひらがな漢字変換モードに戻れない」というのは、多分、何か一種の罠です。

IMEにも「通常モードに戻る」スイッチをつけてくれればいいのにと本気で思います。
Posted by kettt at 2007年02月17日 19:00
ketttさん>
どっちがマシかというのは個人差などもありますから確かにはっきりと言えるわけではないですね。
“私には合いそう”と言ったほうがいいかもしれません。

私にとって重要だと思ったのが、メタ状態の場合定義しても邪魔にはならず、“上位互換”的な状態がつくれることだったりします。
定義数に限りがないのも魅力です。
(色んなことをキーでするようになると1段階だけでは足りなくなってきます)

Windowsキーは本当に曲者ですね。
単打無効にできれば一番なんですが。
Windowsキーがらみのショートカットを使わないのであれば、外してしまってもいいんですけどね。
Posted by eisuu-kana at 2007年02月18日 16:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33720498
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。