2007年02月15日

編集操作用のキーバインド(Windows+XKeymacs)

「分裂勘違い君劇場 - 思考の速度でパソコンを使う技術」 への言及記事 「雑記/えもじならべあそび - 低頻度な文字編集操作よりも「高頻度な文字入力操作」に【改善の手を加える】ほうが、より「無駄な動きの排除」という目的を達成できる……はず。」 のコメント欄に書いていたら長くなったので、覚え書きも兼ねてエントリ化することにします。


まず、当該記事に書いたコメントを引用しておきます。

「思考の速度でパソコンを使う技術」の方式は別モードになるので敷居が高いですね。
私はエディタのEmacsのようなCtrlキーを使った編集操作を一部に導入しているんですが、これは結構いいですよ。
特にカーソルキーは遠い位置にあるので、これに独自キーバインドを割り当てると快適です。
(具体的にはCtrl+[JKL;]にカーソル移動を割り当てています)
文字入力方法の変更はもちろん重要だと思いますが、より快適にするには編集操作のカスタマイズと併用するのがおすすめです。(後略)


私は普段はMacを使っていますが、Windowsを使うときはXKeymacsというキーカスタマイズソフトを使っています。
これではMac操作に近い形にしているのですが、Macを使わない人でもかなり使えるのではないかと思います。
(ただしCtrlよりもAlt,Win,CapsLockを多用するという人にはおすすめできません。)

まずは、位置を入れ替えたキーのリストを示します。


続きを読む..
posted by eisuu-kana at 11:32| Comment(6) | TrackBack(0) | ショートカットキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。